明日の東光會は中止

明日の東光會は雪予報の為、中止とさせていただきます。


次回は

2月10日月曜16:30〜

です。


よろしくお願い致します。


寒いと体が固まってきます。

体操をして少し緩めておくと春の体に移行しやすくなります。

ご自宅でも体操をしましょう。



体操講座ではなく座学講座のお知らせです。


2月23日日曜10:00〜11:30


東光庵にて


東洋医学の虚実の講座を開きます。


虚実、簡単に言えば体の中で不足している所と滞っている所です。

体に存在する虚実を捉えて、足したり引いたりと、適した養生をする事で日々の生活は健やかになります。

適した養生というのは難しい事ではありません。休むとか、動かすとか簡単なものです。


参加方法


予約制、ホームページのメールフォームよりご連絡ください。

車でいらっしゃる方は予約時にお伝え下さい。二台分しかありませんので予約の先着順で駐車場を確保させていただきます。


講座費   2000円



そして同日午後13:00からはよもぎ工房カフェです。

年末に開催したよもぎ工房カフェの第2回目。

草木染めの作品を眺めて、日の当たる縁側や和室でゆっくりとコーヒー。

のんびりとひと時お過ごしいただきたいと思います。


朝から作品は並べています。講座参加の方はご覧頂けますし、お昼を持ち込んで頂き、13時からのカフェをお待ち頂くというのも大丈夫です。





1月27日の東光會のお知らせ

1月27日の東光會ですが、予報が雪となっています。

中止とするか否かを26日日曜の19時までにこちらのブログに記載します。


参加ご予定の方はご確認下さい。

拒否の心、拒否の体

イヤだな、食べたくないな。


と思って食べると下したり、肌荒れが起きることがあります。


肉、添加物、砂糖

体を不調に誘うかなと思いつつ、誘惑に負けて食べちゃう時はなんでも無いのに、

付き合いや、押し付けで食べなければいけない時には不調になる。


心と体の不思議な関係です。


心の在り方をコントロールするのでも良いし、体から心をコントロールするのでも良いです。



2月のよもぎ工房カフェ

年末に開催したよもぎ工房カフェ


2月23日日曜日に再び開催します。


今回は午後から短い時間のopenを考えています。

そして午前は東洋医学や体の座学講座を開こうかなと考えています。


詳細決まり次第、またこちらに掲載いたします。


袋真綿の羽織

今年はブログの更新を頑張ろうと思った年明け、、


気づけば1月も半ば。


なるべく更新頻繁にしていきたいなと思います。


朝、おはようと共に袖を通し、おやすみなさいと共に脱ぐ。


冬の寒さが厳しい古い家の我が家。

禾藍の温かい家着を作ろうと、絹の袋真綿を詰めた羽織を作りました。

(繭を煮て、20cm程の正四角形に開いた物を袋真綿といいます。真綿は絹を意味します)


禾藍も着心地が良いのか、気に入ってくれているようです。

草木染めだけでなく、食べこぼしたご飯の色も着き始めて色に深みが出てきました。。


刺繍を重ねながら補修しながら長く禾藍を温めてくれたらと思います。

明日はよもぎ工房カフェ

整った筋道に自分の意である緯糸を入れる時、少しだけ畏を感じます。


整列を乱す心配。


ところが経糸はどんな意も受け入れてくれて、糸は布になります。


明日のよもぎ工房カフェに向けて経糸できました。

是非体感してみて下さい。

(小さいランチョンマットを織れます。

経糸の長さが決まっていますので、体験人数に限りがあります、有料です)


糸はオーガニックコットンのガラ紡糸、草木染め。2枚目の写真は緯糸、この中から好きな糸を好きに配色しながら織っていただきます。


カフェメニューは有機コーヒーか有機紅茶、にトリュフ(生チョコ?)がつきます。


本日で今年の東光庵施術所はおしまい。(新年は6日から開院)

今日終わってから明日に向けての準備です。

何かと準備に追われる師走ですが、色があふれる準備時間は悪くないものです。


大掃除の手を止めて、買い出しの途中に、師走の喧騒をひと時止めて、のんびり遊びにいらして下さい。

10:00〜16:00(last order 15:00)



29日(日)のよもぎ工房カフェの詳細

草木の色と

陽だまりと

手仕事と

コーヒー


よもぎ工房カフェ


日時

12月29日(日) 10:00〜16:00(last order:15:00)

場所

東光庵よもぎ工房


アクセス(駐車場は2台のみ)

アクセスページへ 

わかりにくい所にありますので、印刷してお持ちになる事をおすすめします。



カフェはオーガニックコーヒー、オーガニックティー、トリュフをご用意してお待ちしています。


糸紡ぎの道具も揃えておきます。

今年和綿の栽培をされた方はご自分の和綿をお持ち下さい。


今年の締めくくり、こんなにのんびりしてもいいのかな?と思うほどにのんびりとお過ごしください。


また詳細をアップしていきます。

(今回は案内葉書を出しておりませんが、どなたでもお気軽にいらして下さい。でも、プロのカフェではないのでご愛嬌お許し下さいね)

緩ませる、体への意識

先日久々に温泉に入った時のこと。


紅葉した葉が湯の中で揺れています。

湯の中にある流れも感じられるよう

体の隅々まで意識を集中して、体を緩めていきます。


足先を始め、体が浮くような感覚、湯の中の波は一定ではなく、深さによっても流れは異なることを肌で感じます。


湯と一体となる感覚の中、一体にならずにやや冷えているところがありました。

上腕三頭筋。

腕の力こぶを作る裏側ですね。

普段活躍する二頭筋の裏でその活動を支える為地味に常に緊張しやすい場所です。


そこが緩むのに遅れがありました。


そこに意識を集中して、湯の温度を感じるように、流れを感じるように、ゆっくりと呼吸。

何度目かの呼吸、息を吐いた時にスーっと腕が水面に上がってきました。

もう冷えはありません。


全身が緩んだ瞬間です。


体質的に緩めすぎると、調子が狂うので、一度体全身が緩んだところで、ちょっとだけ全身に力を入れて、出ます。


いつも禾藍とお風呂に入っているので、温度も時間も僕好みでは入れない日々。

久々に体と向き合えた良いお風呂時間でした。



子供の靴

禾藍の靴を買いに行った時のこと。


デパートの靴売り場


色とりどりの靴がズラ〜っと並んでいるが、この中で良い靴はほんのわずか。


今回は素敵なシューフィッターの方に出会い、色々と教えていただきました。

知らない事もあり実りある時間、禾藍はよほど足に合ったのか新しい靴を履いた直後からずっと歩きっぱなし。

そのまま履いて帰ることにしました。


結論から言うと、0〜3歳くらいまでのお子さんの靴はアシックスのスクスクシリーズがおススメです。

要点をしっかりと押さえています。

スクスクシリーズの中でも甲高タイプと甲が高く無いタイプがあり、カットが低いタイプと高いタイプがあり、メッシュ素材と綿素材があります。

禾藍は甲は高くありません。

3歳くらいまではカットの高め(くるぶし近くまで保護されているもの)で、蒸れないメッシュ素材がおススメです。


すると


数ある靴の中から3足に絞られるんですね。


た〜〜〜くさんある靴の中で禾藍に合う靴はたったの3足です。

今後もサイズが上がるにしても3歳くらいまではおそらくその3足の中から選んでいかなければなりません。

日本がいかに靴を大事にしていないかがわかります。


売り場の方とお話と情報交換をしました。

その中で共通している意見は、子供の足の変形が増えていること。


体の為に良い靴を進めたいのだけど、やはりファッションや予算が重視される為なかなか良い靴が売れないとおっしゃっていました。

特にファッションが決め手となるそうです。


小さい子にファッションを押し付けるのはいかがなものかと思います。

かわいい格好を優先することで、その子は扁平足になり、外反母趾になり、運動能力低下、意欲低下、足首・膝の変型、体の歪みを生じることになりかねません。


大事なのは健康体でいる事です。

健康で、良い体に育ってから、その子供がファッションを楽しめば良い事です。


大人の楽しみが優先で、これだけの子供の体に良くない靴を生み出してしまったのかと思うと残念です。


今のところ、もうすぐ1歳の娘に履かせたいと思う靴はアシックスのスクスクシリーズだけでした。

今後増える事に期待。













病名

病名とは痛みや苦しみのレベルを計るものではありません。


今ある真の痛みや苦しみを捉える事が大事。


病院で言われた病名や画像診断、血液検査で何がどうなっているかの情報も必要ですが、同じくらいに必要なのが自分で自分の体をどう感じているのかです。


体の声を聴きましょう。