和綿

収穫の感動


夏に頑張って良かった。

重心を下に

地面との押し合い


日々行う鍛錬。



大地を最大に押し続けようとするには

重心を最下部に置く。


最下部に置くには

力みを消し体を整えて、真っ直ぐに重心を大地に押し込む。


押そうとして生じる力みをコントロールし、全身全霊を大地に向かわせる。


良い鍛錬になります。




擬態

言葉は嘘を含む


しかし

発する事に嘘は無い


言葉の裏にある真理を見るには言葉にとらわれないで聞くことが大事。



写真、見事に蕾に擬態した虫。


パン

最近自家製酵母のパンが美味しくできる。

畑へ続く道

葉が落ちて空が広がる。

祈り、合唱

両手を合わせて祈る


不思議と手は体の真ん中に来ます。


仏様でも太陽でも、何かしらへの感謝や畏れを前にすると、背筋を伸ばします。


医療の原点は祈り。


背筋を伸ばして、体の真ん中で手を合わせる。


それだけで癒える病もあるし

体を保つ養生にもなります。


不思議と手を合わせていると良い感情の方が生まれやすいです。


胸の前での合唱からそのまま頭の上にまっすぐ合唱したまま上げる

これを繰り返すと、良い体操になります。



大雄山 最乗寺


色と音と岩と木と手仕事の木造建築

様々な物が共存しているのに静かな場所。


天に向かう杉

屋根を支える柱

地に落ちる滝


揺らぎを伴ったまっすぐな物が多いこの場は

僕の背骨のまっすぐを確認するに大事な場所。


己を確認し、調整する場は持っていた方が良いと思います。



草木染め靴下、スヌード

お問い合わせも多くいただいていたので

よもぎ工房定番の

絞り染絹靴下

アームカバー

絹手袋

スヌード

はしばらく治療室に展示販売しています。


同系色の物などすぐに出せる所にあります。

お声がけいただければ在庫お出し致します。


風が涼しくなり、こういったアイテムが活躍する時期となりました。

ご利用下さい。


温冷浴

先日の東光會体操講座でも紹介しましたが、ここでもご紹介。



動くと汗が出て

止まっていると肌寒い


温と寒

陰と陽


の混在する秋


更に乾燥が進み、肌の能力も下降気味。


そんな時の鍛錬に良いのが


温冷浴


正式にやるなら


水浴1分


温浴1分


水浴1分


繰り返し


水浴で終わります。


5回か7回で終わらせると良いかと思います。


今は冷たいよ、肌を閉じて防御して!


今は温かいよ、肌を開いて熱を放出して!


と外界に瞬時に対応する肌の力を鍛錬する事になります。


自律神経も同時に鍛えられます。


結構疲れるので、疲れた時の入浴時にやるので無く、体力ある時に鍛錬の時間としてやると良いです。


水浴はなかなか用意できないと思うので、シャワーで代用がおすすめ。

鍛錬の時間を確保できないなら

水浴、好きなだけ温浴、最後に水浴で終わるのでも鍛えられます。


膝下だけ水浴でも足の冷えの改善につながります。


水で終わるのは不安だけど、肌が引き締まるので、出た後も体がポカポカしますよ。


本日体操講座

台風一過の晴天


予定通り体の声を聴く体操講座開催致します。


16:30からは東洋医学の五臓六腑の概要をお話します。


体や心の在り方は五臓六腑によりコントロールされています。

自分がイライラしている時

悲しみが多い時

食欲低下

睡眠異常

顔色が黒い、黄色い、赤い

足のダルさ

耳の異常

肌のかゆみ

鼻歌が多い


など、その時体の五臓六腑のどこがどういう状況なのか。

体の内側に広がる宇宙の一端の魅力、お伝えできたらなと思います。


予約制では無いので、飛び込み参加も歓迎です。


17時からは1時間の体操。

体の伸びと体幹の安定を意識した体操を行います。

体操が終わった後には体が整って、じんわりと体の芯が熱くなります。

これは治療を受けるのと同様の効果があり、更に自分で思い出していつでもできるという再現性もあります。


自分の体と仲良くなりたい方、体の未知なる力を見たい方、お待ちしています。


詳細はこちら