春のよもぎ工房展

春のよもぎ工房展

4月24日(金)13:00〜17:00

25日(土).26日(日)10:00〜17:00


にて開催予定なのですが、コロナの影響で延期するかもしれません。

来週までには決定したいと思います。


このような状況により、ご案内状の発送ができないので、まずはこちらでお伝えさせていただきます。




ローラー針

からんには手当てや釘鍼(ていしん)を良く行います。


最近、からんはローラー針がお気に入り。

ローラー針を持ってきて、背中に当ててやってと訴えてきます。


気持ち良いのでしょう。

涎を垂らしながらおとなしく受けています。


ローラー針はとても手軽な医術です。

今まで患者さんにも沢山すすめてきました。

半数以上はお母さんで、子供にしています。


肌への刺激が心身へ与える効果は大きい。


コロコロ

コロコロ


ローラー針を転がしてあげるだけで子供の体調管理、心の安定、病気治しができます。


そのうちローラー針の講習会も開こうかなと思います。


今日

からんがローラー針を持ってきて、僕の背中を施術してくれました。


普段してあげていると、してくれるものです。


思春期の子供と上手くいかないお母さんも、ローラー針を始めたら、子供がローラー針を自分にしてくれたととても喜んでいました。


手当ては心を通わせるものです。

不調を癒すものです。

簡単です。


是非、日常に取り入れてみて下さい。


足下

右を向くべきか左を向くべきか


どちらが正しいか


例え右を向いた先にも、また右と左は広がる


そんな時は足下を見る。


医術

糸車

今、僕の足下にこれがある。


とりあえず自立できていてどんな時でも安心。


どちらを向くべきか、どこに進むべきか、

必死に考えなくとも足下を見て

この場所で良い

と思えます。


現代において100%自立である必要はないと思います。


でも10%でも自立しているという安心があるとどんな時でも

今この場

に安心感を得る事ができるのかなと思います。

こんな時だからこそ、ライフスタイルを見直す良い機会かもしれません。


(医術は手があればでき、畑は肥料を施さず農薬も使わない、種も自家採種できる種、誰に頼らない永続可能な農法。

糸車があり織り機があるので衣も作れる。)



次回東光會(追加あり)

4月の東光會体操講座は


4月13日月曜16:30〜より東光庵にて開催します。


定員は4名、お車でいらっしゃる方への駐車場は先着3台です。

会場が狭い事もあり、女性限定での開催とさせていただきます。

すみませんが講師は私、男性です。

講座費は1500円。



現在の空席は2名となっています。


事前予約制となりましたので、なるべくキャンセルのない日程でお申込みよろしくお願い致します。



草木の夕光

夕方1時間だけ畑を耕しに行きました。

低くなった陽に照らされて草が優しく輝きます。草が生きている様が美しく、手を止めてただただ眺めます。

食べ物を育み、綿を育て、色を宿し、感動までも与えてくれる。

豊かな畑の季節が始まりました。

置いてかれないよう、体を畑モードに鍛え直さなくては。


衣伝よもぎ工房ありがとうございました。



週末の衣伝よもぎ工房、お越しいただきありがとうございました。

初めてのギャラリートーク、衣に込められた心や文化や技、それに歴史、15分の予定だったけれど、熱心に聴いていただきかなり延長してしまいました。


生まれてきた衣の声を届けられた気がして嬉しく思います。


今後も月一の衣伝(もう少し合うネーミング考え中)では展示と伝えるという事に力を入れていきたいと思います。


いよいよ来月はよもぎ工房展です。

家中に布と草木の色が咲き誇ります。


4月24日金曜〜26日日曜の開催となります。

open時間など詳細は後日お伝えします。


明日のよもぎ工房は自然布展

葛布の座布団、芙蓉布、アルパカロープ、苧麻布、榀布、大麻布、紬絹布、亜麻布、

私達の身近にあり、生活を支えてきてくれた布達。

消えゆく布達。

人は布と共に生きてきました。

人々がどのような布を纏い、使ってきたか、

見て触れて感じて下さい。


衣伝、よもぎ工房

3月22日日曜13:00〜16:00(カフェは無くなりました)

14:00から15分程展示物の説明トークをします。

ご興味ある方は是非。



展示以外にも、よもぎ工房の草木染め作品並べて販売しています。

暖かくなってきたのでガーゼストールなども並べようかと思います。


駐車場は2台分しかありません。

東海道線の辻堂か、小田急の湘南台からは頻繁にバスが出ています。


(東光庵から辻堂に向かう途中に大きなトウキュウストアがありその周辺はコインパーキングがあります。歩くと20分はかかってしまいますが、東急前からも頻繁にバスが出ています。)


足作り

畑仕事が始まりました。


農閑期の冬の間に体は鈍るようで、久々の鍬が上手く動きません。


体も辛い。


耕運機が頭をよぎりますが、ここで耕運機に手を出すと体も強くならないし、土も弱ります。


体の声に耳を傾けて、鍬を理想的に振るよう集中して調整。

少しずつ勘を取り戻します。

作物を育てる為にまず体を育てる。


耕した土の所はボコボコで禾藍は歩くのに苦労しています。彼女の体重だと土が踏みしめられないのでより難しいのです。

大人でいえば踏むと少しだけ沈む岩場という感じ。底が石の、流れの早い川を歩く感じ。


頻繁に転んでいましたが、段々とコツをつかんできたようで後半は上手に歩き回るようになりました。


ボコボコしている所を歩く事で、足の柔軟性やバランス能力が鍛えられます。

バランス能力は体全体の協調性が必要で体のトータル能力ともいえます。


道も公園も家も、平坦ばかりです。

ボコボコ道は進んで歩かせたい所ですね。


背負い聚布


服を作った時の端切れを聚(あつ)めて、リュックを作りました。

中国、ラオス、インド、インドネシア、何十年も前の布、今の布、人の手仕事の布。

藍染、赤紫蘇染め、インド茜染め。

手紡ぎ手織りなど良い布を染める時には自然とこの辺りの色で染める事が多いです。好きでもあるし、信頼もしている染め。

聚布シリーズは良い布を集める事が多いので、この辺りの色を使って作る事が多くなるのですが、藍だけでも濃淡があり一枚として同じ色がありません。


布を仕入れた時の事、染めた時の事、服にした事、お買い上げ下さった方の事、色々な思い出が1枚1枚の布にあります。


エコバック的な簡単なリュックではありますが、50×50cm程あるので色々と入ります。

脇の結び目を解いて、輪っかを小さくすれば、小さい人でも背負えますし、上で結べばショルダーとしてもお使い頂けます。


来週22日、衣伝よもぎ工房展(カフェが無くなったので名前を変えました)にて販売します。

3月22日(日)13:00〜16:00開催しています。

これから自然布の展示に向けて準備。リュックの後ろの布はネパールの蕁麻です。



 

体得

先日、ご夫婦で体得のお申し込みをいただきました。


依頼内容は、体の使い方と鍛え方。


特別スポーツをしているわけではありませんが、体の維持向上を心掛けてのご依頼です。


ご夫婦での体得はおすすめです。


自分自身の体も、パートナーの体もいつも見ているので

知っている事、感じている事、思う事

があります。


あなたはいつもこの時にこういう姿勢をしている

君はこの時のこれは変だ


などの意見も飛び交い、それがとても参考になります。


これできますか?

ではこうしてみましょう。

その人の体の使い方をみながら、その人の体の理想的な使い方を模索します。


最近の不調

年齢とともにできなくなってきた事

やりたい動き、できるようになりたい事

得意なところを伸ばす事

苦手を克服する事


一人一人の体にあった体操やトレーニング法、

日々やると良い課題、


お伝えします。


それが「体得」というメニューです。


「授人以魚 不如授人以漁」  =「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」


老師の言葉です。

「体得」は治療よりも効果的と思います。

健康への道、体力向上へ導く方法を伝えるのですから。

(動かない所を動くようにしてから等、治療が優先される事はもちろんありますが)


自分の体の健康を維持したい方、体と仲良くなりたい方、自分の能力を向上させたい方、是非ご利用下さい。

他にも、東洋医学講座、他人との付き合い方、心の落ち着かせ方、美容、自分の体の事を知るなど幅広くご依頼頂いています。


45分6000円(3月までは4500円)ですが、3人までは同価格です。2人で割れば1人3000円です。

メモや写真、動画をお撮りいただいてご自宅で復習される事もおすすめです。