病名

病名とは痛みや苦しみのレベルを計るものではありません。


今ある真の痛みや苦しみを捉える事が大事。


病院で言われた病名や画像診断、血液検査で何がどうなっているかの情報も必要ですが、同じくらいに必要なのが自分で自分の体をどう感じているのかです。


体の声を聴きましょう。