更紗


インドマスリパトナム更紗

深く鮮やかな、暁のようにこれからもっと力を発揮するような、そんな赤。

目標としているインド茜の赤です。


牛のフンやミロバランなど沢山の工程で染め重ね、カラカムリペンという染料の染み込んだ布を巻きつけたペンで友禅のように色をさしていき複雑な色の重ね、模様を描いています。


この布の魅力はこれで終わりでなく、使い込むほどに美しく育ちます。

黄色の部分が次第に色が落ちていき、赤と白と黒の三色の世界になります。

その美しいこと。

2枚目の写真の左です。

今回はこの布でスカートを作りたいと思います。

布をたっぷりと使ったスカート、上品な模様の入った暁の赤をヒラヒラとなびかせていただきたいです。