和綿の手紡ぎ糸

張ったらやり直しのできない経糸に対して、緯糸は自由だ。

こんな感じにしていこうと織り始めるも、その時々の気で変わっていく。

ここで黄色欲しいな、青にしたいな、しばらく白でいこう〜経糸に自由に緯糸を流します。


黄色は人参の葉、水色は生葉藍、青はすくも藍、白と茶は生成り。

畑で育てた和綿を畑の作物で染めて織る、というテーマ。

経糸は赤紫蘇の緑も加えています。


5月2日-3日はよもぎ工房展

詳細はこちら


コメント