腸内細菌の力

アスリートのウンチを

別の人の腸内に移植すると、運動能力が上がるという研究結果があります。


マラソンランナーの腸内にいる菌は、運動時に発生する乳酸を食べてくれる菌が多く、その菌が含まれている便をマウスの腸内に移植したところ、持久力が上がったとのことです。



運動能力だけで無く、免疫力向上や病気治しにも、腸内細菌は注目されていて、健康な人の便が重宝されてきています。


日本では古来より食物繊維を多くとってきました。

その昔は使い古しの和紙を溶かして餅にして食べる文化もありました。

食物繊維は腸内細菌の餌となり、腸内を整えてくれます。


ご自身の腸内環境はいかがでしょう。

便の形、におい、体臭、免疫力、心の安定度などから今の腸内環境がわかります。

ご自分での腸内管理、養生励みましょう。


コメント