植物から成る布の小袋

苧麻と大麻から糸を績み、手により織り上げられた布。


冬の枯れ草のような

そのまま大地に還る草を、そっとこの世界に留めたような

布は植物から作られている事を強く感じる布。


日本と中国の職人により生み出された布に一目惚れして、形にしました。


布の持つ力を損なわないようシンプルに。

中布は後ろにかかる藍の布と同じくインドのカディ(手紡ぎ手織り)藍染布。


紐は真田紐

真田紐も留める布はカレン族の手紡ぎ手織り布、藍染


縫い糸はオーガニックコットン


ここに蓋を留めるボタンをつける予定です。


使い込むほどに、こわごわしい植物感が和らいで、しっとりとした布に育っていくと思います。




コメント