まっすぐを見出す

1歳半のからん

先日は寝言で「ハト〜おいで〜」と言っていました。

寝言まで文章になってきたなぁと成長を感じます。

 

先日のこと


治療が始まる前にいつもの体操をしていると、からんに姿勢を直されました。

 

首のストレッチで首を前に倒していると頭を起こされ

座って開脚しながら体を側屈して脇を伸ばしていると、体を起こされます。

 

姿勢を直して、少し離れた所から見て、まっすぐなら良し。自分の遊びに帰る。

また歪んだら直しにくるという調子です。

 

こんなに小さくても「まっすぐ」という感覚がしっかりとあるんだなと感じました。

 

人はまっすぐの人(整っている人)に導かれます。

まっすぐの人に近寄ることで自分もまっすぐになれるのです。


まっすぐを感知する能力が誰にでもあるのです。

 

ちっとも体操になりませんでしたが、潜在能力を感じられたのは良い経験でした。


ちなみに


美男美女という要素も、「顔立ちが整っている」と表現するように顔のまっすぐという事がポイントになります。

 

歪みの少なく、まっすぐ整っている顔、体というのは生殖能力が高いというデータがあります。

子孫を残すために、整っている顔体に惹かれる本能があるとも言われています。

 

 まっすぐを見抜き、整える能力が誰にでもあります。


活用していますか?


 

 

 

コメント