よもぎ工房展終わりました。

今回、よもぎ工房展でご挨拶文を用意できなかったので、こちらにて。


8年前から始まったよもぎ工房展

一部屋の片隅に少し草木の色が並ぶ所から始まりました。

時は流れ、いつしか家全体を使うまでに成長しました。


1日に1cmしか織れない日も沢山あります。

ただ布は正直で、1cmずつでも必ず完成を迎えます。

少しずつ製作し、半年毎に展示会。


前日の午前まで治療業をして、午後から一気に準備。

料理をして、棚を組み立て、アイロンをして、並べます。

当日開始までに間に合わなかったことも多々あります。というか間に合った事がない?


開展前の整列した色達、

朝陽を優しく浴びて輝くひと時、

袖を通していただき、膨らみを得た衣、

沢山の美しい景色を見てきました。


よもぎ工房展、長い準備期間を経て咲くはわずか2日限り。


花火職人が準備を重ね、夜空に一瞬の花を咲かせるようです。


家に色がパッと広がり、消えていく。


この花火のようなよもぎ工房展を開催してこれたのは、来て下さった皆様のおかげです。ありがとうございました。



古今東西沢山の布を見て触れてきました。

そして自分でも作って行く中で「布は語る」事を感じます。

想いが沢山織り込まれ、それを伝えたい相手に届ける事ができるのが布です。


今後も良く語る布を作り、良く語る布に出会っていきたいなと思います。


ここ東光庵でのよもぎ工房展はこれでおしまいとなるかと思いますが、またどこかで開催します。


布と、よもぎ工房とお話をしにいらして下さい。


ありがとうございました。




コメント