コンタクトレンズのこと

昨日の眼鏡の話に引き続きコンタクトレンズのこと。


眼球の曲線は人種により異なります。


極端に言うと


サッカーボールのような眼球もあれば

ラグビーボールのような眼球もあるという事です。


日本人はの眼は曲線が大きくサッカーボールの形

外国人は曲線は小さくラグビーボールの形をしています。


形の違う眼、これに合わせるコンタクトは当然形を変えなければなりません。


しかし


日本にあるコンタクトレンズのほとんどは外国製。

ラグビーボール型がほとんどです。


ラグビーボール型をサッカーボール型にはめこむから圧迫を受け、眼精疲労や充血やら乾燥やらにつながります。


日本製のコンタクトレンズもあるのですが、何故か作っている形はラグビーボール型がほとんど。


つまり日本にはラグビーボール型コンタクトレンズがほとんどという事です。


常に使用するには不向きです。


眼の話を書いた東光46号できました。

http://toukouan.com

東光庵ホームページよりご覧下さい。



コメント