空色

青空を見上げながら、あの色になれ〜と糸を振り、布を振り酸化させる。

空気の力を借りて染まる藍の生葉染。


その時の天気によって色が変わるとも言われています。

空の色を写すように良く晴れた日ほど、青く染まる。


草刈り

摘み取り

今年は蜂の巣が出来てしまい格闘


続けた苦労に対して今年は収穫量が少なく、残念にも思いましたが、こんなにも美しく染まってくれるとそんな気持ちは吹き飛びます。


いつだって草木は全力で生きている事を色から教わります。

足るを知る。


染めたものは

手紡ぎ絹糸

タイの山繭絹(手紡ぎ手織り)ストール

ラオスの手紡ぎ手織り紋織ストール


どれも少しずつ色が異なります。

同じものは一つとしてない、一期一会の色。


10月初めの方でよもぎ工房開催予定です。

今日の青空をうつした色をみにいらしてください。