桃の節句

先日はからんの初節句のお祝いをしました。


初節句に合わせて、


紅花で絹糸を染め、

畑で採れた人参やカモミールの黄色、

藍の水色、

人参と藍の黄色と青合わせた緑

を縞模様に織りました。


そして縫う。


なんとか桃の節句に間に合いました。


余裕を持って1月半前から始めましたが、できたのは前日。


袖を通してもらって、紅花染めのストールを帯の代わりに巻く。


生地を指差して「きえいね〜」と満面の笑みを浮かべてくれたのが何よりのご褒美。


草木染めガラ紡の糸で織って作ったズボンを履いておめかし完成。


みきと母達の手料理を囲んでのお祝い。


心こめて、手を動かし、衣食住を作る。


その中で、すくすくと大きく育って欲しいと願います。