布?ピカピカ布のカードケース

今回は珍しい布も多く使った展示会となります。

こちらもとても珍しい布、中国貴州省トン族のお婆さん作。

手織りの綿の布を藍染して水牛のニカワをその布に染み込ませ、木槌で叩く。

するとピカピカとした布の出来上がり。

すごい簡単な説明だけど、やろうと思ったら大変な事。

民族の違いによって、水牛のニカワではなく、卵白や、豚の血を使って同様に光沢のある布を作ります。


実際に見て、触れても、

布??

と思うでしょう。


布ってここまで化けるのですね。

人の知恵と技術に感動する一品。

黒と紫の色の違いは藍の染め重ねた回数や濃度の違いによるもの。


中布は中国広西省の少数民族による布、こちらはよもぎ工房による藍染。


今週末のよもぎ工房展にてお見逃しなく。