二色の服

インド茜(リネン)と赤紫蘇(カディ)

インド茜の色がとても良く染まった赤です。

明るすぎず着やすい赤色です。赤紫蘇染の優しい緑が落ち着きを与えてくれます。


藍染(リネン)と赤紫蘇染(カディ)

こちらのカディは織りムラがあって、糸の細い太いが模様みたいで面白いですね。


一枚で着ても、下に長袖を着たり、上にコートを羽織る。使い勝手の良い一枚と思います。


9/22〜23のよもぎ工房展にてご覧下さい。

詳細は

こちら

柿渋染と藍染の魅力かばん

長く語ります(笑)


タイのメオ族による手績み手織りの大麻布。

大麻という麻から繊維を一本一本取り出して結ぶようにして長い糸にする事を績むと言います。

それはとても根気と技術のいることで、現在日本では出来る人はほとんどいません。

そんな貴重な糸から作られた布を、今年の猛暑の下柿渋染。

染め重ねた回数を変えて、色味が異なる布を使っています。

左下の白い三角部分の布が柿渋染めをする前の生成りの大麻布です。

生成りはしなやかで柔らかい、同じ布とは思えないと思います。昔々からある柿渋染の威力を肌でお楽しみいただきたいです。


斜めに走る藍の世界。

上の黒い部分はレンテン族による手紡ぎ手織り藍染布。売るための布でなく、家族の為に織られた布。

死ぬまでにどれだけ布を織れるかを大事にしている人々。

布を織り、着るものを残す。現金が必要な時は売りなさいと、家族の為に大事に織られた布です。

藍染を重ね、最後に芋と思われる赤の染料で染めて黒を染めるのが特徴の布です。

今知る中で最も素晴らしいと思う布の一つです。

その下はカレン族による手紡ぎ手織りの布。

藍染はよもぎ工房で徳島産の蓼藍を発酵建てして染めています。もしかしたら一部はミャンマーの布かも。


こちらも見事な布です。

よく見ると藍の色も異なります。その時の藍の調査や、染め重ねた回数など様々な要因です。同じ色はなかなか染められませんがどれも美しい色です。

お楽しみ下さい。


この下の部分で藍と大麻生成りと柿渋の茶色の重なる部分の色重ねがお気に入りです。


さて、まだまだおすすめポイントは続きます。


肩紐の布は織りました。

経糸はよもぎ工房による手紡ぎ絹糸、

緯糸はラオスのタイルー族とタイの少数民族による手紡ぎ綿糸を藍染した糸を使いました。

ラオス糸は細く、タイ糸は太い、その差により下の絹糸の見え方が異なります。

光の当たり方でも見え方が変わります。


留め具には、骨董市で手に入れたかなり古いとみられるガラス玉を使用。

触るたび少しずつガラスが磨かれ、落ち着いた光沢が出てきます。

不純物の多いガラスならではの魅力。

ガラス玉に合わせた紐は、インドで織られた手紡ぎ手織りの絹の紐。


中布はカディの赤紫蘇染です。薄い緑。

カディとはインドで作られる手紡ぎ手織りの布。

長々と語りましたが、この鞄は色々な土地で色々な人々が手で作り出した貴重な布が集まってできています。


実物は今お話した事を楽々上回る迫力です。

言葉では表せない力があります。


是非手にとって、背負って肌で感じて、鏡をみてお楽しみ下さい。


長々とお付き合いありがとうございました。

よもぎ工房展9/22〜23日開催です。



明日の東光會

明日の東光會、体の声を聴く体操講座


開場時間の16:30に私も行けますので、17時まで東洋医学の「気、血、津液、精」の話をしようと思います。

今後も体操前の30分で東洋医学講座をしますが、その基礎となる気血津液精、そのあたりを理解していた方がその後の話がわかるかと思います。


17〜18時で体操講座、明日は筋肉を意識しながら動かしケアする事をします。

体の意識力が上がるといいなと思います。


よろしくお願いします。


電車で来られる方も多いのですが、

会場の寒川町南部公民館は、相模線寒川駅より徒歩で15分程です。

寒川駅南口から出た方が近いのですが、明日は雨。タクシーを利用される方は北口にタクシーの待つロータリーがあります。


公民館住所など詳細はこちら 



豊作

暑い暑い夏に頑張って草むしりを重ね


秋の実りを収穫


カボチャに落花生に生姜、きゅうりも最後の頑張り。

手をかけてきた分、味は格別

畑のオーナーにさつまいもをいただき、患者さんから栗をいただきました。

芋栗カボチャ、秋の三大味覚が揃いミキコはホクホク顔。


和綿も順調に弾けてきて一安心。

良く頑張ったと労われるような、収穫楽しい秋です。


祈りの服

タイに住むメオ族による藍のロウケツ染の布。

以前にこの布を使った鞄もご紹介しました。

鞄はこちら 


各家庭に伝わる模様があり、フリーハンドで布に模様をロウで書いていきます。

ロウが置かれた布を藍染すると、ロウの部分には藍が染まらず、模様となって残ります。

後にお湯でロウを溶かします。


家々に伝わる模様は健康で生きられますようにという祈りの模様であると思います。

とても深い味わいのある布です。

藍染の布は中国広西省の人々(たぶん少数民族と思われます)の作った布。

とてもハリのある布で力強いです。

以前シャツを作りましたが、ジャケット感が出る仕上がりとなりました。


密な織りの布にはなかなか藍が染まりません。何度も染め重ねてできた藍染布です。


メオ族のロウケツ染の布とこの藍染めの布による服。

迫力がすごいです。

着てみると、おお〜っと言われるかと思います。

深い海のような色と迫力、布に込められた想い、それを着る喜び、一期一会のひと時、

9/22〜23日のよもぎ工房展にてお楽しみください。


背面は藍一色となり、そちらを前面にして着ることもできます。

半袖ですが、布の厚みがあるので真夏は暑いように思います。

着続けて布が少し痩せたら真夏もいけます、少しずつ育てていって下さいね。


よもぎ工房展詳細はこちら


相変わらずの手間の悪さにつき、ご案内状が届いていない方もいるかと思います。ごめんなさい。

案内状はホームページ詳細に記載している文と同じですが、必要な方はご連絡いただければお送りさせていただきます。


今の東光庵でのよもぎ工房展は今回で最後となるかと思います。沢山の方にみていただけたら嬉しいです。

お待ちしています。


メオ族大麻布柿渋染かばん

タイに住むメオ族が

大麻布を手績み手織りした布。

メオ族の人々はこの布にロウで模様を描き藍染し、プリーツを寄せてスカートとして使うのが伝統。


今年の猛暑、燦々と照りつける太陽の力を借りて柿渋染。

太陽の光に柿渋のタンニンが反応して茶色く硬く変化していく。


草木染めの布を貼り付けて小さめのカバンにしました。

柿渋の茶色一色も迫力があるけど少し重いと感じる方も使いやすいかなと思います。柿渋が好きな方は裏の柿渋のみの面を表にお使いいただけます。


藍染の布を入り口の飾り布に、中布は綿の柿渋染、内ポケットあります。


美術館に行った時、荷物を預けて軽やかに回るのが好きなのですが、カメラ、財布、スマホ、単眼鏡、メモ帳は持ち歩きたい。

それくらいの物が入るかばんが欲しいなと思い作りました。


9/22〜23日のよもぎ工房展にてご覧下さい。

よもぎ工房展詳細はこちら



継続は力なり

2〜3年前から朝の体操時に見かける65歳くらいの走る男性。


はじめの頃は、運動してこなかった人という感じで体に悪い走り方をしていました。言っては悪いのですが、なかなか酷い走り方で心配でした。


すぐに体を痛めて、辞めてしまうかなぁと思っていましたが、毎日毎日走っていました。

長い距離を走っているのか毎日Tシャツを汗で染めていました。

案の定、テーピングやらサポーターやらが増えていきましたが、それでも走る事を辞めません。


見かける度に今日も頑張っているなぁと、酷使されている体を応援していました。


そして昨日の事、

いつものように目をつぶってストレッチをしていると、走り寄る音が聴こえてきました。

だいたい足音でどの人かわかるのですが、聞き覚えのない人なので誰かなぁと目を開けると走り方の悪い男性ではないですか。


あれ?と思いながら挨拶をして、後ろ姿に目をやると、走り方が良くなっています。

使っていなかった筋肉が活動を始め、使いすぎていた筋肉の負担が減り、下半身と上半身の連動が切れていたのが繋がり始めています。


その後ろ姿に心からの拍手でした。

ずっと続ける事で、ずっと続けられる体に進化していくのです。


しかし、その過程で起こる痛みや妥協、あらゆる誘惑に負けてしまう事が多いのが人たるもの。

その障害を取り除き、近道を教えて、上手い使い方を伝えるのが僕の仕事。


しかし結局はその人の根気とか目標によって続くか否かは変わります。


農家や肉体労働をしていると、自然と身につく体の使い方も現代では道具のおかげで難なくできてしまう。


体を使わなければいけない機会が減っています。


毎日走り込み使い方を得た男性を支えたものが何かあったのでしょうか。


長い時間をかけて得た体との信頼関係、きっと今後の人生を豊かにするのだろうなぁと思います。


体の声を聴く体操講座

9月10日月曜17〜18時

16:30から東洋医学講座。

予約不要、どなたでもご参加下さい。

詳細はこちら



草木の糸を纏った藍のかばん

本体の布は40〜50年前にインドで織られたカディコットン(手紡ぎ手織り綿布)。

リキシャマン達により織られた布だそうです。

織りムラとかあるのですが、大変な手間の中で完璧を求めない雑さが割と好きな味。

外ポケットもあり。

色の布は絹の手紡ぎ手織り草木染布です。

今まで織ってきた布のハギレを縫いつけました。

インド茜やコチニール、紅花や矢車玉に和綿、色々な糸を使っています。

留め具は17〜19世紀のヴェネチア産トンボ玉(たぶん)。イタリアで作られたトンボ玉、アフリカで貨幣として金や物資、奴隷と交換したものです。

トンボ玉についている糸はヒマラヤウール。

トンボ玉を通す布はカレン族の手紡ぎ手織り綿布。

肩紐はアフリカブルキナファソの手紡ぎ手織り綿布。

アフリカの布の多くは15cmくらいの幅で織られ、それをつなげて服などを使っていました。幅の狭い特徴的な布、この文化もどんどん減っているようです。

肩紐の裏と、本体の口にはリネン柿渋染めの布。

肩紐の藍が直接服に触れにくいので色移りを防ぎ、形を整えやすくしてくれます。


中布はヤマモモ染、内ポケットも付いています。


藍染めは蓼藍です。


思い出と好きな布をいっぱい使ったかばんです。


※完成品は、口部分一周生成り糸のミシンステッチが入っています。


9/22〜23日よもぎ工房展にてご覧下さい。

よもぎ工房展詳細はこちら


体操講座

筋肉は使わないと硬く縮みます。


そして硬く縮んだ筋肉は使おうと思ってもうまく使いにくい。


筋肉は弾力のある状態が理想です。


筋肉は運動に関与するだけではありません。

血流にも大きく関わり血流は全身臓器体の隅々まで影響します。

冷えや精神にまで大きく影響を与えます。


私はストレッチしてるから大丈夫

歩いているから大丈夫

働いているから大丈夫

筋肉使ってます。


とおっしゃる方も多いですが、

姿勢の偏り

心の偏り

得意な所ばかり使う


などで、弾力のある良い状態と

弾力がなくなっている部分

の両方を持っている方が多いです。


その偏りを取るのが体操。

硬くなっているところは意識が低い所、そこに意識を入れるのも体操。


東光會体操講座では全身に意識を向けた体操をします。

次回は筋肉の弾力回復をテーマに体操を組みます。


東光會体操講座

9/10 月曜

10/1 月曜

両日17〜18時

僕が早く行ければ16:30からは東洋医学の講座をしています。お時間ある方は早めにいらっしゃると東洋医学の知識も身につきます。

講座費、会場はホームページをご覧下さい。


東光庵ホームページへ 

トレーニング

先日通りがかったスポーツショップで、トレーニング機器が色々と並んでいたので、いくつか試してみました。


面白いのが沢山ありました。


1番良かったのは


Amazonで見るにはこちら 


風船の中に水が入ってるウェイトトレーニング。

水が不規則に動くので、体の芯がブレると耐えられない。

芯を意識するのに良いですね。


基本的には、トレーニング機器などは必要無いと思っています。

ただ、たまに違った刺激を加えると新たな事に気付き、新たな感覚の目覚めもあります。


トレーニング機器は鍛える目的の部位がありますが、局所だけを意識せず、全てのトレーニングは体全体を鍛えるものとして取り組むのが良いです。