足湯

足湯をすすめるにあたり良く問われるのが


お風呂ではダメですか?


という事。


足湯と入浴では効果がまるで異なります。


部分を温めてその熱を巡らすという体の教育。

冷えやすい部分を温まりやすい部分にする鍛錬。


つまるところ


冷えに敏感に反応して、すぐに温め直す

という体の機能向上になります。


7分を目安に、長くても20分で一度終わりに。

温度はちょっと熱めで、ちょっと我慢しながら入るくらい。たし湯しながら温度は一定に。

温まりにくい人は塩や生姜を加える。

アロマを加えるのもリラックスして温まる効果あります。


足から体を温める心地良さを味わいましょう。