祈りの服

タイに住むメオ族による藍のロウケツ染の布。

以前にこの布を使った鞄もご紹介しました。

鞄はこちら 


各家庭に伝わる模様があり、フリーハンドで布に模様をロウで書いていきます。

ロウが置かれた布を藍染すると、ロウの部分には藍が染まらず、模様となって残ります。

後にお湯でロウを溶かします。


家々に伝わる模様は健康で生きられますようにという祈りの模様であると思います。

とても深い味わいのある布です。

藍染の布は中国広西省の人々(たぶん少数民族と思われます)の作った布。

とてもハリのある布で力強いです。

以前シャツを作りましたが、ジャケット感が出る仕上がりとなりました。


密な織りの布にはなかなか藍が染まりません。何度も染め重ねてできた藍染布です。


メオ族のロウケツ染の布とこの藍染めの布による服。

迫力がすごいです。

着てみると、おお〜っと言われるかと思います。

深い海のような色と迫力、布に込められた想い、それを着る喜び、一期一会のひと時、

9/22〜23日のよもぎ工房展にてお楽しみください。


背面は藍一色となり、そちらを前面にして着ることもできます。

半袖ですが、布の厚みがあるので真夏は暑いように思います。

着続けて布が少し痩せたら真夏もいけます、少しずつ育てていって下さいね。


よもぎ工房展詳細はこちら


相変わらずの手間の悪さにつき、ご案内状が届いていない方もいるかと思います。ごめんなさい。

案内状はホームページ詳細に記載している文と同じですが、必要な方はご連絡いただければお送りさせていただきます。


今の東光庵でのよもぎ工房展は今回で最後となるかと思います。沢山の方にみていただけたら嬉しいです。

お待ちしています。